2013年08月26日

自分の声を意識して聞いてみましょう。

皆様、こんばんは。声の衛生担当ぁかんぬでございます。

さて、今回のテーマは「自分の声を意識して聞いてみよう」です。

これ、難しく言うと「聴覚的フィードバック」といいます。
ぜひ、日常の中でも「聴覚的フィードバックって言って〜」みたいな感じで使う機会があれば、
ぜひ使ってください!!!(笑)


フィードバック・・・・??なんだそれ。とお思いのあなた(後で出てきますよー!!)。


まずは質問です。皆様、自分の声を
『しっかりと意識して』聞いたことがありますか?


音はピアノや先生方の録音した声を聞いて練習していますが、自分の声を
『しっかりと意識して』聞いたことがありますか?

よく練習のとき、「音が下がってる!!」と指摘されることがありますよね?

私もよく思うのが「下がってるってどういうこと?声色?どう違うの?」です。

実際録音したもので、ピアノや先生の声ではなく、自分の声を探してみてください。

きっと衝撃を受けますよ。『これは私ではない』と(笑)。

では、初めに出来てきた、フィードバックとは・・・?

フィードバック法とは、自分の声を聞いて、自分自身が出している音の誤りに気づき、修正していく手法です。

例えば私の職業である言語のリハビリでは、構音障害(話すときうまく言葉が言えない症状。例えば、みかんきかんになってしまう)や失語症(思っていることがうまく伝えられない症状)、聴覚障害がある方等に使用される訓練方法のひとつです。

なぜそのような方法をお伝えするかと言うと・・・。
自分の声を聞くことでの最大のメリットが『誤りや違いに気づく』ということなのです。

自分の声を聴く→誤りに気づく→修正する→誤りを調整

これを何度も繰り返し、自分の出している声が相手にどうのように伝わっているかを感じていきます。

そうして、いい時と悪いときを比較することで、良いイメージを残せるというメリットも生まれます。

練習のその場でできても、2週間後にはイメージが残っておらず、結局またイメージ付けからの再開では時間ももったいないし、いつまでもなんとなくでしか歌えないかな、と思います。

私が構音障害や失語症をおもちの患者さまにリハビリさせて頂く時も、毎回音声を録音したものを患者様と一緒に聞いて、正しい言葉が出せるようにフィードバックしています。

ぜひ皆様も自分の声を聞いて、『あー、がなってるな』とか『ここ、ちょっと出せるようになったな』とか、色々感じてみてください。先生の声と比較するのも結構オススメです。

がなってるなと思ったら?高声が裏返ってるなと思ったら?
そこを中心にサイレンをしたり、首の位置、体幹の固定をすることで音に変化をもたらせていきます。

今の自分の出している声を聞いて、修正していきましょう!!!

それでは、ご意見、ご感想、どしどしお寄せください!!


posted by I & C GP大阪 at 01:05| Comment(6) | 喉のケア From ぁかんぬ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。